忍者ブログ

文化だんしゃく

文化一般のニュース
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

レコメンデーションエンジン
最新CM
最新TB
フリーエリア
  • SEOブログパーツ
リンク
社会っていろいろあるなぁ
使えるフリーソフト
ワールドん
身のまわりのこと
セケンヲチ
からだのみかた
深い海には何かいる
楽に行きたい
ノバンス雑記
うまうまもぐもぐ
インテリアニュース
SOBURON ETA
カルチャーチョップ
野菜を食べよう
モォー牛肉がうまい
コケっこレシピ
水に浸かってるとふやけね?
コンバルケ
たけやぶやけた
おもしろ世の常人の常
洋画でしょうが
なーるほど ざ 世界
食ネタ列伝
経済と秋の空
Webサービスめも
宇宙猿人ポリ
サルも驚いた
元気!やる気!やーまだ!
なんなのなんなの
食べ物ばくばく
ほんまですか
出来事ドレッシング
芸能ネタからコマ
かたづけよう整理整頓
海外こぼれ話
着る物わーらん
体にガタがくるまえに 
インターネットは何をしたか
ちょうちょは風で運ばれる
海外どっこいネットニュース
階段を登ろう
まわる歯車
まつりごとのまつり
ねったーCO
ライフハック なにそれおいしいの?
なんで空は青いの
えんたねす
世界は広いな大きいな
秘密戦隊サイエンス
テクテクブログ
リーマン日記
よもやま経済適当話
商売3畳
アプリソフトサラダ
歩く洗面器
企業の憂鬱
空とぶぶた
無重力でキャッチボール
節約くんがくるぞー
社会リモコン
ここまできたか よのなかは
風にふかれて
経ざいざいざい
ボールペンがころんだ
かがっくん
歩けカタツムリ
あっちこっちでっち
あめんぼだってー
たべP
とーふとうふとーふー
芸があるのに芸能
理科少年
とれにゅの里
お役立ちウェブ
Firefoxアドオンがんば
とんとん大好き
きになる小物、アイテム
エンタメ海外ぬーす
人生楽ありゃ
外国ってすげぇ
ぼくの社会多事他事考察
しゅんげー
パソコンのある生活
ほうきにまたがり
いきものまんざい
ITっていうなぁ
やりたいしたいライフハック
人間って難しい
インターホット
知恵とテクノロジー
あんなこんな仕事術
よのにっき
津々浦々
ぐろばるにゅ
生物と環境と心強さと~♪
科学はマジックじゃないのよ はっはぁー
目覚まし時計とボールペン
社会とネット
エルビスとダンス
バーコード
[4]  [3]  [2]  [1

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

父の事件や自分の半生がもと、芥川賞受賞の西村賢太「苦役列車」

西村賢太さんの芥川賞を受賞した「苦役列車」が笑える。
笑えると言うのは少し違うんだが主人公のダメさだらしなさが自虐的で滑稽な笑いになりついつい笑ってしまう感じだ。
この表現はもう独特の西村賢太の世界だ。

西村賢太の書く世界の原点は自分の半生だ。
1978年西村賢太が11歳の秋に父親が強盗強姦事件を起こし、逮捕されて刑務所に行くという事態になる。
このために両親が離婚し、以後姉と共に母子家庭で育った。

中学を卒業後は進学せずに家を出て港湾荷役など肉体労働で生計を立てていたが、西村賢太自身も暴行傷害事件で2回逮捕されている。





これは芥川賞の受賞会見でも西村健太が語っていて
「細かいところでは、16歳のときとか、いま書いているんですが、
やっぱり父親が、ちょっと非常に問題のある人物なんで。

まじめな話、父親の犯罪というは30年たっている。30年たっても被害者の方がいる以上は、消えないんですけど、ちゃんと更生はしているんですが、いつかは書かないといけないテーマだと思う。
父親が生きていようが、死んでいようが。」
などと質問に答えている。

父の事件や西村自身の半生から書かれた文章は私小説であり、自分を書いているのだが、
「読んでくださった方が自分よりも駄目なやつがいると思って、自分のケースじゃないですけど、ちょっとでも救われた気分に、ものすごくおこがましい考えですけれども、ちょっとでも、そういうふうに思ってくれたら、本当にうれしいですね。書いたかいがあるというか。
それで、何とか僕も、かろうじて、社会にいれる資格が、首の皮一枚、細い糸一本で、つながっているのかなあと。これは本当に思います。
そういうふうに。」
と、西村賢太は読者がそのダメな所を読んで救われた気分になってくれたらという気持ちで書いているそうだ。
これは西村賢太自身が23歳の時に藤沢清造の小説と出会って自分よりもダメな人がいて救われたからだ。

父の事件や自らの家庭環境や事件や経験などがすべて西村賢太の小説の血と肉になってるんだろう。
PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne